これは便利!ペットボトルを利用した二の腕の引き締め方法紹介

これは便利!ペットボトルを利用した二の腕の引き締め方法紹介

これは便利!ペットボトルを利用した二の腕の引き締め方法紹介

 

 

・二の腕で体全体のイメージが大きく変わる

 

二の腕が太いのがコンプレックスだという人はたくさんいると思います。二の腕が太いと、普通の体型の人であっても体全体が太った印象を受けてしまいます。また、セルライトが目立つたるんだ二の腕だと、年齢的にも老けて見えてしまいます。

 

太った印象をもたれる、老けて見られてしまうというのは、特に女性にとってはすごく嫌なことだと思いますし、何とかしたいと思っている人も多いでしょう。

 

二の腕のたるみの大きな原因となるのが、上腕三頭筋という筋肉で、主に物を押したりするときに使われる筋肉です。

 

スポーツや何か仕事などで物を押したりする動作をよくするような人ではない限り、上腕三頭筋を頻繁に使うという人は少なく、意識して使っていかないとどんどん衰えてしまう筋肉になります。これが二の腕のたるみに悩んでいる人が多い大きな原因だと思います。

 

よって、二の腕を引き締めたいというのであれば、この上腕三頭筋を鍛えていく必要があります。上腕三頭筋を鍛える方法はいろいろありますが、ここではペットボトルを使った方法を紹介したいと思います。

 

 

 

 

・ペットボトルを使った二の腕引き締め法

 

まず、ペットボトルをどのように使うかというと、ペットボトルに水を入れてダンベル代わりに使います。

 

なので、ダンベルがあるという人であればダンベルを使用すればいいのですが、「ダンベルをわざわざ買いたくない」という人や、「女性の一人暮らしの部屋にダンベルがあるのはちょっと…」という人などはペットボトルを代用するとよいですね。

 

 

 

 

多くの人の場合、500mlのペットボトルの重さでじゅうぶんだと思います。それでもキツいという人は、入れる水の量を減らすなど自分で調整するとよいでしょう。

 

ペットボトルを使った二の腕引き締め方法ですが、ダンベルを使うように普通に腕を曲げ伸ばしする方法では上腕二頭筋は鍛えられても、上腕三頭筋はあまり鍛えられません。

 

そこで、ペットボトルを一本ずつ両手にもって真上に持ち上げた状態からスタートします。(耳に腕がつくように真っ直ぐ伸ばしましょう)その状態から片方の肘をゆっくりと曲げて、ゆっくりと戻していきます。(手が後ろの方にいくかたちになります)

 

片方の腕を戻したら、今度はもう片方の肘を曲げていくというのを交互に繰り返していきます。これを10回から20回を1セットにして、1日少なくとも2回から3回行なっていきましょう。

 

行なう動作はすごく簡単ですが、普段上腕三頭筋を使っていない人は結構負荷を感じると思います。

 

次の記事も見てくださいね。

 

 

実行したい!ながら運動で二の腕引き締めを行おう