これで決まり!筋トレで二の腕を引き締めよう

これで決まり!筋トレで二の腕を引き締めよう

これで決まり!筋トレで二の腕を引き締めよう

 

 

・二の腕の引き締めには筋トレが効果的

 

たるんだ二の腕を引き締めたいと思っている人はたくさんいると思います。あなたの周りにもある程度スタイルは良いのに、二の腕はたるんでいるという人も結構いると思います。そのことからも分かるように、二の腕はたるみやすく、痩せにくい箇所になります。

 

二の腕の外側には上腕三頭筋という筋肉があるのですが、二の腕がたるんでいたり、太くなってしまっている人は、この上腕三頭筋の筋肉量が少なく、脂肪が増えてしまっている状態になっている人がほとんどです。

 

よって、 二の腕を引き締めて細くしていくためには、上腕三頭筋を鍛えて筋肉量を増やしていくことが必要になります。そのために有効な方法が筋トレです。

 

特に女性の場合は、これまでほとんど筋トレをやったことがないという人も多いと思いますし、苦手だという人もたくさんいるでしょう。しかし、二の腕は食事制限などで脂肪だけ落としても引き締めることはできないので、たるみを解消することはできないので、二の腕の太さやたるみを何とかしたいという人は筋トレがやはりおすすめになります。

 

 

 

 

・二の腕の引き締めにおすすめの筋トレを紹介

 

筋トレといっても、どのような筋トレを行えばよいのかわからないという人も多いと思いますが、二の腕の筋トレでおすすめになるのが腕立て伏せです。

 

普通の腕立て伏せはどのようなものか知っている人がほとんどだと思いますが、ここでは女性でも簡単にできる腕立て伏せと、より二の腕の引き締めに効果的な腕立て伏せを紹介したいと思います。よかったら参考にしてみてくださいね。

 

「壁を使った腕立て伏せ」

 

床に手をついて行なう普通の腕立て伏せは筋力がなくてできないという女性もいると思いますが、そういった人達におすすめなのが壁を使った腕立て伏せです。

 

壁に向かって立って壁に両腕をつけて腕立て伏せを行なっていきます。そのときに踵が浮いてしまわないようにすることと、背中が丸まったり、お尻が突き出てしまわないように真っ直ぐな状態で腕立てするのがポイントになります。

 

腕を曲げるときはゆっくりと息を吸いながら曲げていき、1秒から2秒曲げきった状態を保ってから今度は息を吐きながら伸ばしていきましょう。

 

 

 

 

「逆手の腕立て伏せ」
二の腕の引き締めに腕立て伏せは効果的ですが、腕立て伏せを逆手で行なうとさらに効果的です。

 

手を内側に向けてついて、逆手の状態で腕立てすることによって、先ほど説明した上腕三頭筋により負荷がかかるようになるので、引き締め効果がアップするのです。

 

この逆手の腕立て伏せは壁を使った腕立て伏せでもできるので、床でやるのが難しいという人は壁を使って逆手で腕立てすると良いでしょう。

 

 

 

 

次の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

これは便利!ペットボトルを利用した二の腕の引き締め方法紹介